2008年07月23日

コーリング

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
★★☆☆☆

映画のストーリー:

ジョー・ダロウ。男性。ER勤務の医師。
エミリー・ダロウ。女性。小児科医。
二人は夫婦であり、互いを深く愛し合っている。

だが――。

ベネズエラでボランティア医療をしていたエミリーは、ある日、現地で事故に会い、行方不明になってしまう。
エミリーは生きているのか?
それとも...。

生きている可能性は限りなくゼロに...。

深い悲しみにくれるジョー。
彼は悲しみを忘れるために、休みなく、ただただ働き続ける。

そんな彼を見かねた同僚や上司から、休みをとるよう勧められるが、ジョーは受け入れない。
そんな時、彼はふとエミリーとの約束を思い出す。

その約束とは、小児科病棟を診ること。

小児病棟を訪れるジョー。
それを機に、彼は数々の不思議な体験をする事になる。

超常現象。

最初、ジョーはそんなものを信じられなかったが、だんだん、そうもいっていられなくなる。

ジョーの身に起こる超常現象は、愛するエミリーと関係があるのだ。

エミリーは何かを伝えようとしているのか?
だとしたら、それはどんなメッセージ?

いてもたってもいられなくなったジョーは、エミリーからのメッセージを知るために、がむしゃらに行動する。

エミリーが伝えようとしていた事とは?

ジョーの運命は?
そしてエミリーの運命は?

映画の感想:

見ているうちに、ストーリーがある程度読めたので、比較的オーソドックスなストーリー進行のように思われましたが、最後にひとひねりあり、それが感動的で良かったです。
それが無かったら、女ターザン誕生になったかもしれません(笑

posted by MASAHIDE.TK at 08:05 | 映画








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。