2007年11月23日

SAW 3

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
★★★☆☆


ソウ3 DTSエディション

映画のあらすじ:
女医のリンは廃工場で目覚める。
なぜ自分がここにいるのか、なぜこんな目にあっているのか分からない。
そばには瀕死のジグソウが。
そんな状況の中、ジグソウの後継者によって、首に爆弾をしかけられたリンに、ゲームの内容が伝えられる。
―― ある1人の男に仕掛けるゲームが終わるまで、ジグソウを生かしておく事。
ジグソウが死ぬか、リンが逃げ出せば、首に付けた装置が爆発する。
しかし、ゲームが終わるまでジグソウを生かしておく事ができれば、首の装置をはずし、解放する ――。

一方、ジェフは、食肉工場の一室の木箱の中で目覚める。
最愛の息子を交通事故で亡くし、その裁判が正当に行われなかったという悲しみを背負っているジェフに、テープが告げる。
「ゲームをしよう。この者達を赦せるか?」
息子の事故を見ていながら、証言をしなかった目撃者。
息子の事故に対して軽い罰しか与えなかった判事。
息子の命を奪った犯人。
窮地に陥っている3人を目の前にするジェフ。
最も憎む3人をジェフは赦し、助ける事ができるのか?

そしてジグソウは助かるのか?
リンは?

映画の感想:
ストーリー的な面において、前作より物足りなく感じる面もあったものの、結構楽しめました。
映像的な面においては、グロテスクな描写は前作よりもパワーアップしています。注意を。
個人的には、続編はジグソウの後継者ではなく、ジグソウに頑張ってもらえたら、かなり長生きだったよね。このおっちゃん。みたいなオチになって面白いかと...冗談です。
でも、続編で復活する可能性は0ではないように思います。
タグ:SAW 映画
posted by MASAHIDE.TK at 03:53 | 映画








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。