2007年11月23日

SAW

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
★★★★★


SAW ソウ DTSエディション

映画のあらすじ:
10m四方の、老朽化したバスルーム。
その部屋の隅に、太い鎖によって片足を繋がれた男が1人。
反対側の隅に、同じように太い鎖によって片足を繋がれた男が1人。
部屋の中央には、銃によって頭部を打ちぬかれた死体が。

2人はなぜ自分がここにいるのか、なぜこんな目にあっているのか分からない。
そんな中、彼らにテープレコーダーが与えられる。
テープを再生すると、「2時間以内に相手を殺さないと、2人とも死ぬ」とのメッセージが。
その後 一発の弾丸、タバコ2本、携帯電話、2本のノコギリを見つけ ――。

映画の感想:
単なるスリラー映画というだけでなく、きちんとメッセージがある点がすばらしいと思いました。
最後まで続く緊迫感、良く練られたストーリーもすばらしかったです。
グロテスクな一面もありますが、それだけで敬遠するのはもったいないように思います。
オススメ。
しかし、この手の映画全般にいえる事ですが、子供や幼い人は見ないほうがいいかもしれません。
ちなみにこの作品は、R15指定のようです。
タグ:SAW 映画
posted by MASAHIDE.TK at 04:02 | 映画








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。