2008年03月25日

SAW4

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
★★★★★

映画のストーリー:

ジグソウは死んだ。

ジグソウの検死解剖をすると、彼の胃の中から異物が見つかる。
その異物の外側のコーティングをはがすと、中からテープが。

そのテープを再生すると、彼の肉声で、ゲームの始まりを告げるメッセージ。
ジグソウが死んでもゲームは終わらない。

これは始まりなのだ。


―― 事件現場に到着したSWAT部隊。
中の様子をカメラで覗くと、仲間の隊員が宙吊りにされた、凄惨な場面が映し出される。
冷静さを失ったSWATのリッグ隊長は、中が安全であるかを確かめる事無く、突入するというミスを犯す。
幸い、事なきを得たが、被害者である仲間の隊員の命は、既に尽きていた。

警官は、被害者の死が前提となっている事から、この事件はアマンダの仕業だと判断。
しかし、FBIは、アマンダの体重では被害者を宙吊りにできないので、協力者がいると判断し、捜査を行う。
その結果、FBIはジグソウの元妻を拘束し、彼女から、

ジグソウの過去を聞き出す。

―― 事件現場を後にして、帰宅したリッグ隊長。
彼が休んでいると、不審な物音が。
彼は捉えられ、強制的にゲームへ参加させられる。

90分以内にゲームをクリアしなければ、仲間の命は無い。
しかもそのゲームには、重要な要素が。

ジグソウのように感じ、ジグソウのように考える事が必要なのだ。

このゲームを仕組んだのは誰か?
ジグソウ?アマンダ?またはその協力者?
協力者がいるとすれば、それはいったい誰なのか?

そしてゲームの行方は?
リッグは無事にクリアーできるのだろうか?

リッグが辿る運命は?


映画の感想:

おもしろかったです。
表面的なグロシーンは、安直な感じがして不必要に思えましたが、ストーリーなど、十分楽しめるものでした。
続編は今ひとつなものが多く、過度な期待は禁物だと思っていたのですが、おもしろかったです。
posted by MASAHIDE.TK at 03:20 | 映画








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。