2008年04月24日

バタフライエフェクト

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へ
★★★★★

映画のストーリー:

エヴァンは時々、記憶を喪失する事があったが、それ以外は、ごく普通の7才の男の子であった。

ある日、幼馴染みたちと遊んでいたエヴァンは、あるイタズラをする事になる。
それが思わぬ事態を招き、エヴァンはその時の記憶を失い、幼馴染み達は大きなショックを受ける。

環境を変えるため、エヴァンの親は彼を連れて、引っ越す事に決める。

身支度を整えて、車に乗るエヴァン。
車が走り出して、町を後にしようとしたその時、幼馴染みの女の子ケイリーが、一生懸命、一生懸命走って追いかけてくる。
ケイリーに気づいたエヴァン。

彼はとっさに、紙にペンを走らせる。
そしてその紙を車の窓に押し付けて、ケイリーに見せる。

「君を迎えにいくよ。」

エヴァンはケイリーと約束を交わした。

―― それから時は流れる。

大学生となったエヴァンは、ケイリーと交わした約束をおざなりにしたまま、日々を過ごしていた。

そんなある日、エヴァンは幼いころに書いていた日記を見つけ、それを読み返す。
それによって、エヴァンは、強烈な体験に襲われる。
なんと、意識が過去へ戻っていたのだ。

自分に過去に戻る能力がある事を知ったエヴァンは、それを利用して、ケイリーの、そして幼馴染みたちの人生を良い方向へと変えようとする。
幼い時のイタズラが原因で、彼らの人生が狂ってしまった事を知ったから。

しかし、過去に戻って修正しようとすればするほど、状況は悪い方向へと進んでしまう。
ケイリーは、幼馴染みたちは、どんどん不幸になっていくのだ。

どうすればいい?

どうすれば彼らの人生を良い方向へと変える事ができる?
どうすればケイリーや幼馴染みたちを救える?

最後に、エヴァンはどんな決断をするのか?


映画の感想:

とても面白かったです。
切なく、心を打つストーリー。
発想もすばらしいと思いました。
オススメです。
posted by MASAHIDE.TK at 06:32 | 映画








×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。